杭基礎スラブ板の検討  価格95,000円(税抜)

スラブ板に配置する杭条件及び配置条件の入力と、スラブ板上に架かる上載荷重(簡易荷重方式・詳細荷重方式)の入力より、スラブ板の張り出し部を「片持ち梁」、中央部は端部曲げモーメントが生じる「単純梁」か「連続梁」で応力計算を行い、無筋コンクリート及び鉄筋コンクリートの部材断面計算を行います。
また、杭支点反力の集計より基礎杭の支持力照査と、杭と底版結合部の応力照査も行います。

【参考文献】
◆土地改良事業計画設計基準及び運用・解説 設計 「水路工」 平成26年3月
◆道路橋示方書・同解説  Ⅳ 下部構造編 平成29年版

商 品 概 要

  1. 基礎スラブ条件として、単位体積重量、形状(幅・長さ・厚さ)、杭の貫入深の入力を行います。
  2. 杭の許容支持力と最大荷重より、杭の必要本数を求めます。
  3. 簡易荷重「全重量」又は詳細荷重「荷重入力(KN/m)・荷重強度(KN/㎡)」の2種類による荷重設定が可能
  4. 杭条件として、杭外径、杭本数(幅方向・延長方向)、杭ピッチ(幅方向・延長方向)の入力を行います。
  5. 杭ピッチは、等間隔配置と任意間隔配置が可能です。
  6. 部材断面計算では、無筋コンクリート及び鉄筋コンクリートでの検討が可能です。
  7. 配筋条件では「単鉄筋」「複鉄筋」の2択方式と組み立ての考慮も合わせ6択方式が可能です。
  8. 必要有効高、必要鉄筋量の検討を行い、その判定結果により適正配筋が可能です。
    また、必要鉄筋量計算では「最小鉄筋径優先」又は「最小鉄筋量優先」の設定より自動計算を行います。
  9. 杭支点反力の集計より基礎杭の支持力照査を行います。
  10. 杭と底版結合部の応力照査を行います。
  11. 簡易荷重 簡易全荷重 簡易荷重偏心距離 詳細荷重 荷重ケース1 荷重ケース2
  12. 印刷帳票の指定は、入力データ一覧、計算書の大区分と、細部の計算項目の小区分の指定が可能です。
  13. RTF(リッチテキスト形式)への出力が可能です。《WordよりRTF読込 ⇒ Word形式で保存》
  14.  

動作環境

OS
Windows 7 / 8 / 10 (32bit / 64bit)
ライセンス方式
スタンドアローン方式
ネットワークライセンス方式
プロテクトキー
USBHASP

ダウンロード

カタログ 杭基礎スラブ板の検討
出力例 簡易荷重  詳細荷重 
_/_/_/Page Top_/_/_/