固定堰設計計算システムVer2.0  価格150,000円(税抜)

土地改良「頭首工」および国土開発「床止め構造設計手引き」に準拠し、固定堰の水理計算から安定計算までを行います。
形式は「直壁タイプ」および「傾斜タイプ」の2種類からの選択が可能です。

【参考文献】
◆土地改良事業計画設計基準及び運用・解説 設計 「頭首工」 平成20年3月
◆床止めの構造設計手引き 【(財)国土技術研究センター】
◆建設省河川砂防技術基準(案)同解説 設計編 【日本河川協会】

商 品 概 要

  1. 固定堰躯体形式は「直壁タイプ」および「傾斜タイプ」にの2種類から選択が出来ます。
  2. 水叩き長は「ブライ式」および「Rand式」の計算式の選択が可能です。自動算出された必要水叩き長より確定水叩き長の入力が可能です。
  3. パイピングの検討方法(しゃ水工)は、ブライ並びにレーンからか、または両方による比較検討が可能です。
  4. 計算では、完全越流状態または、もぐり越流の判定を行います。
  5. 計算過程【参考値:単位幅流量・限界水深・下流等流水深】を手入力機能より直接の入力が可能です。
  6. 本体形状確認は、”入力値で表示ボタン”より入力値での躯体形状図が表示されます。
  7. しゃ水工長の計算、揚圧力を考慮し水叩き長の判定を行います。
  8. 水叩き長の検討では、安全率Fsより水叩き形状の変化点を自動で判別し、躯体厚さの判定を行います。
  9. 護床工長の算出方法は、ブライ・流況別・跳水別より選択が可能です。
    流況別では、平水流量か設計洪水流量の間の数点の流量で下流深さを求め、護床工の設計上考慮すべき危険な条件を判定するとともに、露出射流の危険性の検討を行ないます。また、護床工配列は、千鳥か並列かの選択が唖可能です。
    跳水型では、流側の護床工の長さは、水叩き下流での跳水の発生により激しく流水が減勢される区間(護床工 A)と、その下流の整流区間(護床 B)とに分けて求めます。
  10. 計算で求められた「保護工全長」と「必要護床工長」の参考値より、護床工確定値の入力が出来ます。
  11. 荷重条件(6ケース)毎に、土圧公式(ランキン・クーロン・任意係数)に、設計水平震度の入力条件より、固定堰の安定計算を行ないます。
    ◇検討の有無:「転倒」「滑動」「支持力」の検討有無の指定が可能です。《検討/無視の切替え指定》
    ◇常時/地震時:常時と地震時検討の切替え指定が可能です。(地震時設計水平震度の算出)
    ◇水圧の仕様:任意または頭首工までの切替え指定が可能です。
    ◇水深:上流・下流の水深入力が可能です。
  12. 基本データ入力 躯体形状入力
  13. RTF(リッチテキスト形式)への出力が可能です。《WordよりRTF読込 ⇒ Word形式で保存》

動作環境

OS
Windows 7 / 8 / 10 (32bit / 64bit)
ライセンス方式
スタンドアローン方式
ネットワークライセンス方式
プロテクトキー
USBHASP

ダウンロード

カタログ 固定堰設計計算システムVer2.0
出力例 直壁タイプ  傾斜タイプ
_/_/_/Page Top_/_/_/