メンテナンスコーナーへ

お問い合わせコーナーへ






メンテナンスコーナー

「管網計算システムMulti-WSN Ver2.6」 

プログラムのシリアルバージョン(Seri.Ver)をご確認のうえ、最新版プログラムのアップデートをお願いいたします。
リビジョンアップ情報
Ver2.6.1.172

















Ver2.6.1.170













































平成19年4月06日

  1. 縦断図の地盤高、動水位、静水位の3線色を変更可能に致しました。
  2. 縦断図にて静水位線の有無を選択可能に致しました。    
上記1.2の設定方法はは、メニューバー[オプション]-[設定]-[縦断図関連]より行えます。
  1. 平面図のDXF出力の際に、管路情報の文字列を文字列幅共固定しておりましたので、文字列内に文字を追加しますと文字が縮まって
    表記されておりましたので、文字を固定しない様に致しました。
  2. 動水頭節点リスト及び流量節点リストにおきまして、節点番号の重複チェックを改良致しました。    
    例)節点番号 2.3.4.7.8.9.5.10.6
    【改良前】
    NO4からNO9を現在使用されていない番号を入力していただきOKで確定します。
    次に、再度節点リストを表示していただ、希望番号を入力していただいておりました。                                                   【改良後】
    NO4からNO9の節点番号に直接変更する番号を入力していただきます。


平成19年3月13日

  1. 管網図の移動
    メニューバー「コマンド」−「管網図の移動」より実行することができます。基準位置(節点)、移動位置の順にクリックして頂きます。
       (1)節点を基準に移動
       (2)任意点を基準に移動                             
  2. 管網図の回転
    メニューバー「コマンド」−「管網図の回転」より実行することができます。
    (1) 角度入力による回転
    回転中心となる任意点をクリックし、角度の入力より回転させます。
    時計回りが正値(+)、反時計回りが負値(−)となります。
                                                     (2) 3点指示による回転
    回転中心(任意点@)、参照点1(任意点A)、参照点2(任意点B)の順にクリックして頂き、@を中心とし、AをBの方向に回転させます。
  3. 静水位が減圧弁の影響を受けることを可能としました。
    基本データウィンドウ内の「初期静水位」下部に「静水位は減圧弁の影響を受ける」のチェックボックスを追加致しました。                      チェックマークを付けることにより、減圧値分だけ静水位を下げます。
    管網配管上に減圧弁を設置し、静水位へ影響を与えた場合、網内の静水位は、網内の最大静水位を採用するようになっております。
      
    ※1.静水位に影響を与える減圧弁と与えない減圧弁を混在させることは出来ません。
      
    ※2.静水位に影響を与える・与えないを問わず、原則的に減圧弁は単管路上に配置していただきたいと思います。

    上記の機能追加に伴い、                                 (1) 計算書印刷の節点データ表に静水位を表記するように致しました。
    静水位が減圧弁の影響を受けない場合は、静水位の表記はされません。Excel出力も同じ仕様となります。                         
    (2) 平面図の節点情報項目に静水位を追加致しました。静水位を一覧表に表記する場合はチェックマークを付けて頂きます。DXF出力も同じ仕様となります。                                                 
    (3) 縦断図のバンド設定に静水位を追加致しました。
    バンド設定は、メニューバー「オプション」−「設定」−「縦断図関連」で行って頂きます。DXF出力も同じ仕様となります。


  1. 実計算回数が最大計算回数に達している場合、計算結果ウインドウの実計算回数欄を赤で表示するように致しました。
  2. 管径色設定ウィンドウにおきまして、ウィンドウ内で選択しております管種名をウィンドウ上部に表示するように致しました。

  1. 最大計算回数の標準値を1,000(1千)から10,000(1万)に変更致しました。

Copyright2006 System Information Planning co,.LTD.