土木工事積算システムW,s

┼─ 令和元年07月 ~ 令和元年10月 ─┼

  1. 労務単価の昼夜切替に、夜間(1.5)が追加されました。
  2. 週休2日工事補正に対応しました。
  3. 時期期間補正が改修されました。(真夏日補正係数・緊急工事補正値・時期期間補正の最大)
  4. 砂防・地すべり工事等の補正に対応しました。
  5. 除雪工事(営繕費)補正に対応しました。
  6. 復興係数のデフォルト設定を可能にしました。
  7. 補正係数の追加に伴い、インターフェースマクロを改良しました。
 

┼─ 令和元年05月 ─┼

  1. 改元(令和)に対応しました。
 

┼─ 平成31年04月 ─┼

  1. 国土交通省平成31年度積算基準の一般管理費補正について改定しました。
 

┼─ 平成30年10月 ─┼

  1. ネットワークライセンス方式が追加されました。
    ◇USBプロテクト方式  
    ◇認証方式  
    ◇ネットワークライセンス方式
 

┼─ 平成30年09月 ─┼

  1. エクスプローラより直接設計書ファイルから起動する場合に、既に積算システムで別設計書を起動中に、表示中のウィンドに開くから、新たなウィンドで開くかの設定機能を追加しました。
 

┼─ 平成30年05月 ~ 平成30年06月 ─┼

  1. 平成30年4月度版施工パッケージ型単価の段階的工種の適用に対応しました。
    (平成29年4月版施工パッケージ型単価を基準に、一部の工種だけ平成30年度版を適用する。)
 

┼─ 平成29年08月 ~ 平成30年04月 ─┼

  1. 厚生労働省 平成30年度の地域場所補正の改定に対応しました。
    (一般交通の影響がある場合の補正見直し)
  2. 厚生労働省 平成30年度のイメージアップ費の改定に対応しました。(イメージアップ費は現場環境改善費に改定されました)
 

┼─ 平成29年06月 ~ 平成29年07月 ─┼

  1. 土地改良工事積算基準と治山林道必携の平成29年度の地域場所補正の改定に対応しました。
    (一般交通の影響がある場合の補正見直し)
  2. 土地改良工事積算基準と治山林道必携の平成29年度のイメージアップ費の改定に対応しました。(イメージアップ費は現場環境改善費に改定されました)
  3. 国土交通省 平成29年度の『施工箇所が点在する工事の積算』について対応しました。
  4.  

┼─ 平成29年04月 ~ 平成29年05月 ─┼

  1. 国土交通省 平成29年度の地域場所補正の改定に対応しました。(一般交通の影響がある場合の補正見直し)
  2. 国土交通省 平成29年度のイメージアップ費の改定に対応しました。(イメージアップ費は現場環境改善費に改定されました)
  3. 施工パッケージ型単価(平成29年4月改訂)において、複数材料に対する実数入力するパターンが追加されました。(電線共同溝工)
  4.  

┼─ 平成28年05月 ~ 平成29年03月 ─┼

  1. 施工パッケージ型単価の補正計算時のオプションが追加されました。
    1)国土交通省の『有効4桁(5桁以降切上げ)』補正を変更するオプションが追加されました。
    2)既存の設計書用に、補正計算時オプションを一括で適用する機能が追加されました。
  2. 標準インタフェースマクロが64ビット版Excel2016に対応しました。
    『数量入力・日数計算・材料調書・標準設計書A4横・標準設計書A4縦・簡易設計書ベタ型』
  3. インタフェースマクロ用テンプレート(MSPGothic.xltx)が追加されました。
  4. 印刷オプションの指定項目が追加されました。
    1)印刷オプション - 工事内訳 - その他
    "展開した内訳行の単価率、歩掛率、労務単価割増しによる算定式を印刷する工事内訳書の印刷"のチャックボックスが追加されました。
    2)印刷オプション - 内訳単価 - 施工パッケージ型単価
    ”根拠(頁情報)は印刷しない”のチェックボックスが追加されました。
    (金抜設計書の設定項目は、”単価抜き印刷時”のタブに移動しました。)
    3)印刷オプション - 単価抜き印刷時
    表紙と鏡の書式、工事内訳書の1行目の印刷項目を変更できるようになりました。
    4)定型の印刷オプション機能が追加されました。定型通常設計書(金抜き印刷用)・定型変更設計(金抜き印刷用)
  5. 「間接工事費」ダイヤログから間接費率マスターを参照する機能が追加されました。
  6.  
 _/_/_/Page Top_/_/_/